COLUMN毛髪コラム・監修記事

アメリカの事情 ドライシャンプーについて

あああああああ

今回は日本ではあまり馴染みのないヘアケア商品、ドライ・シャンプーについて書かせて頂きたいと思います。ドライ・シャンプーとはその名の通り、ドライなシャンプー、シャンプーが出来ず、髪の毛が油っぽくなっている時に、その油っぽさを取り、清潔感を与えるために使われるものです。スプレータイプで主に売られており、大概の場合パウダーがスプレー状になって出てきて、そのパウダーが髪の油っぽさを吸収し、髪の油っぽさを軽減します。かなり髪がギドギドで油っぽい場合は、流石に髪を実際にシャンプーし、乾かした時と同じようにはなりませんが、油っぽさをかなり軽減することが出来ます。又、根元のボリュームアップにもなるので、根元にボリュームを手軽に与えたい時にも使われます。使用方法は非常に簡単で、髪の油っぽい箇所に、(根元にボリュームを与えたい場合は髪の根元に)ドライ・シャンプーをスプレーし、その後髪を満遍なく、よく梳かし、余分なパウダーを払い落とします。

以下が市場に出ている様々なドライ・シャンプー商品の中のごく一部です。アメリカでは手軽にドラッグストアなど、割とどこででも手に入ります。

あああああああ

シャンプーでも様々な香りがあり、多様な香りが楽しめる様に、ドライ・シャンプーにも色々な香りのバージョンが出ています。アメリカのドラッグストアでも販売されているイギリスのブランド、Batiste はオリジナルの香りのドライ・シャンプーの他に、右からトロピカル、ブラッシ(フローラルな香り)、ディーバ(フルーティーな香り)などを出しています。

あああああああ

ベーシックなドライ・シャンプーは大概白い、トランスルーセントのパウダーを使用しています。髪の色が明るい人に使う場合、もしくは少量使う場合には問題がありませんが、髪の色の暗い人に沢山使用しなければいけない場合には、髪の毛の色を白っぽく見せてしまう場合があるので、それぞれの髪色に合わせたドライ・シャンプーも販売されています。以下にBumble and Bumble から出ているへア・パウダー(ドライ・シャンプー)、右からブロンド、赤毛、茶髪、黒髪用。

あああああああ

Bumble and Bumble のカラー付きドライ・シャンプーは髪のカラーリングの合間の生え際にカラーリングされた髪の色に近い色をスプレーすると、地毛とカラーリングされた髪の色の違いを少し軽減することが出来ますし(あくまでも一時的ですので、シャンプーをすると落ちます)、Bumble and Bumble の茶髪用、黒髪用のドライ・シャンプーは暗い髪の色の人の分け目など、頭皮の白さと髪の色の暗さとのコントラストが目立つところ、髪が薄くなっていて頭皮の白さが目立つところなどにも軽くスプレーすると目立たなくする事が出来るので、使い道も多様にあります。
もしドライシャンプーが手元に無い場合は、ベビーパウダー、メイク用のトランスルーセント・パウダーを代用する事が出来ます。少量ずつ髪の油っぽい箇所に揉み込み、よくブラッシングして余分なパウダーを落とします。
ドライ・シャンプーは業界の撮影現場では頻繁に使用されるヘアケア商品の一つです。モデル、女優、俳優さん達の髪が少し油っぽい場合、根元にボリュームを足したい場合、ワックスなどヘビーなプロダクトが入りすぎている場合など、様々な状況において使用されます。撮影現場で働くヘアスタイリストなら必ずドライシャンプーを持っていると言っても決して過言で無いほど、とても万能な商品で大変重宝されています。日本ではあまり馴染みのない商品ですが、アメリカ、ヨーロッパの撮影現場では欠かせない商品の一つです。

作成:本山典子

記事一覧に戻る

監修コラム記事

イリハス通信

毛髪コラムやセミナー情報など、
イリハスが発信する最新情報を受け取れます。

PAGE TOP
イリハス通信